多毛症という言葉を聞くと、どうしても毛の数が増える病気をイメージしてしまいますが、実際はそのようなことはありません。
抜け落ちる周期が伸びるることによって、毛が伸びるので、毛が増えたように見えます。
そして、軟らかい毛が硬い毛に変わることで、毛が太く強くなるので増えたように感じることを多毛症と呼んでいます。
多毛症に陥る要因、体内の男性ホルモンの増加が原因であると言われています。
男性ホルモンの過剰な生成があったり、男性ホルモンへの反応性が強くなることで発症するようです。
ピルによる女性ホルモンバランスを整備する方法も効果がありますので、婦人科へ相談するのも早期の段階では多毛症の予防になります。
女性の多毛症の一番多い原因は、多嚢胞性卵巣症候群であると言われています。
それ以外にも原因が明らかになっていない特発性多毛もあるようですが、その場合は脱毛施術を受けることがベストの治療法になります。